AppleのARグラスはレンズ間距離を自動調整

f:id:archesnp:20200523221458p:plain

Appleが拡張現実グラスを開発中で、2022年に発売するとの記事がありました。

Souce: AppleのARグラスは2022年に登場〜クオ氏が予測 - iPhone Mania

 

そこで、AppleのARグラスに関する特許出願を調べてみました。

 

 

 

特許明細書の内容

 

レンズの位置を調整

Appleの特許出願によると、レンズの位置をユーザーの目の間隔に合わせて調整してくれるそうです。

 

瞳孔間距離の取得方法

 

ARグラスが使用者の瞳孔間距離は、赤外線センサーで測定します。

このセンサーでユーザーの視線の先も検出できます。

 

f:id:archesnp:20200523225139p:plain

 

 

他の例として、

ユーザーがマニュアルで入力する。例えば入力ボックスまたは音声で入力する。

・ 画像センサーでユーザーの顔を撮影する。

というような方法も挙げられています。

 

レンズ間距離の調整方法

 

取得した瞳孔間距離を使って、レンズの距離を調整します。

 

その際、センサーで鼻の位置を測定して、鼻を締め付けすぎないよう調整してくれます。

 

f:id:archesnp:20200523225214p:plain

 

予想した製品

- ユーザーの左目と右目の間隔に合わせてレンズ距離を自動調整

 

本当に発売される?

 

AppleVR配信を行うNextVRを買収したとのニュースがありました。

 Source: Apple、VR動画ストリーミングのNextVRを買収 - iPhone Mania

 

コンテンツも用意できそうなので、あと2-3年で発売かな、と期待しています。

 

 

patents.google.com